2011年

8月

12日

<8月21日 EDU ★COLLE 2011 参加のお知らせ>

多様な教育の博覧会

EDU★COLLE2011にえんぱわめんと堺は参加します。

 遊んで学んで未来をつくる夏祭り!

こどもから大人まで「教育」を体感できる企画がもりだくさん!

えんぱわめんと堺はブースへ出展します。

お時間のある方はぜひ、遊びに来てください。

日時:2011.8.21(日)

会場:YMCA学院高等学校

10:30~16:00

参加費:一般1000円/子ども(18歳以下)無料

 

くわしくはEDU★COLLEホームページへ

http://educolle.jimdo.com/

 

2010年

9月

30日

10/16・17エイズ財団 広島研修へ参加します

(財)エイズ予防財団のティーンエイジャー支援事業より助成金を頂き

<10代の性・生をともに考えるワークショップ>に取り組んでいます。 2009年度は中学・高校・支援学校へ計10回のワークショップを実施いたしました。

2010年度も継続した支援を頂けたことで、10回程度を予定しております。

その活動報告や、SAY(性・生)の会としてテーマ「若者の課題とアプローチ」についてお話してきます。日頃は大阪近隣で活動していますので、広島の方々、そしてエイズ予防・ケアに取り組まれているみなさんと出会えることを楽しみにしています。

 

0 コメント

2013年度がすべて終了しました

たくさんの方々の協力のおかげで、2013年度がすべて終了しました。

ありがとうございました。

2014年度もよろしくお願いします。

 

 

     2014/3/13  堺市立原山台小学校 2年生1クラス(PLTプログラム)

PLTプログラム3回目です。

今年度、高原環境財団の助成金で実施していたPLTプログラムはこの日がラストです。ずっと、お天気に恵まれていたPLTですが、最後にして初めての雨です。

とても残念ですが、外でのプログラムは変更になりました。

「木の年輪とわたし」「生物多様性」を教室でとりくみ、自然と自分はつながっていること、ともに生きているんだとということを実感しました。

    2014/3/12  柏原市立堅下南小学校  2年生3クラス

堅下南小学校は初めての取り組みです。

今回は分校の生徒も一緒に「気持ち」について考えました。

自分の気持ちは自分だけの大切なもの。自分の気持ちも相手も気持ちも大切にしながら、よりよいコミュニケーションのためにできることを、ロールプレイをみながら考えていきました。

  2014/3/5・6・7  箕面市立東小学校4年・5年

豊川北小と同じ中学校区である東小学校でも、「ピア・サポートによるトラブル・けんか解決法」に取り組んでいます。

今年度は先生に事前学習もしてもらいながら、4年生と5年生で実施しました。(各学年とも2時間)

共通認識として子どもたちに覚えておいてもらいたい言葉、「ピアメディエーター」「AL'S(アルス)の法則」「満足感の三角形」を4年生も5年生も繰り返し伝えました。

        

          *参考資料「「ピア・サポートによるトラブル・けんか解決法!」

            池島徳大 監修・著   竹内和雄著  ほんの森出版

   2014/2/24  柏原市立国分東小学校6年生1クラス

国分東小学校6年生は今年度は1学期1回ずつ、「エンパワメント授業」を実施しました。

3回目は「協力の力を育てる」がテーマです。

一人ひとりの個性を尊重し、ともに認め合いながら、協力し、達成感を感じられたら、うれしい・ヤッターという気持ちになりますね。

 

   2014/2/22 はつしば学園小学校6年生4クラス

今年度2回目の「エンパワメント事業」です。

もうすぐ、中学生。未来に向けて、自分にどんな力をつけていくか・・・

目的は、人とのかかわりの中で他者を肯定的に受け止める力を育むこと。そして、自分自身が本来持っている力を見つけ、未来に向けてよりよく発揮する力を認識し、自信につなげることです。

中学生になっても、仲間同士がお互いを認め合い、自分が本来持っている力をふくらませ発揮できたらいいですね。ともにエンパワーできる関係性、大切です。

 

   2014/2/20  柏原市立柏原小学校3年生3クラス

3年生のテーマは「感情」です。

自分がどんな時にこんな気持ちになるのかを、ワークシートで振り返りました。

また、腹が立ったときに、自分も相手も傷つけないずに、気持ちを落ち着かせる方法を知りました。イライラしたり、腹が立った時に、誰かに聴いてもらうことで、気持ちってすこし楽になりますね。

   2014/2/17・18・19 箕面市立豊川北小学校2年3年5年

豊川北小では、3学期から、子どもたちが自分の力でトラブルを解決する「ピア・サポート」に取り組んでいます。

学校の取り組みと合わせながら、外部の私たちが学校と協力関係で「エンパワメント授業」ができたことはとても嬉しいですね。

2年生:気持ちの言葉を増やす。自分も相手も大切にするためのコミュニケーショ

     ンについて考える。また。怒りを落ち着かせる方法を知り、体験しながら、

     よりよいコミュニケーションにつなげる

3年生:お互いを大切にしながら自分の気持ちを伝える方法を学ぶ。「すてきな頼

     み方」や「納得のいく断り方」のスキルを知り、よりよいコミュニケーション 

     に向けて練習する

5年生:「ピアメディエーション1」対立やトラブルを対処する考え方や方法を知る。

     「ピアメディエーション2」様々な事例より双方が納得する解決法を出し合

                    い、援助するピア・メディエーションを実践するた

                    めの練習をする

     

   2014/2/15 大阪府立大型児童館ビッグバンクルー養成講座

大阪府立大型児童館ビッグバンクルー養成講座

テーマ:「子どもの人権」

自分自身の子ども観がどう影響するのか・・・子どもとのコミュニケーションで大切なことは・・・など、子どもの人権を尊重しながら子どもとどんなふうにつながっていったらいいかを、様々なアクティビティーを体験しながら、ともに考えました。

   2014/1/27・2/4・10  箕面市立北小学校1~6年生

北小では2010年から毎年実施している「エンパワメント授業」です。

子どもたちからの「覚えてるよ~」「また、来年も来てね」の声かけにいつもエンパワーされます。

<各学年のテーマ>

1年生:「感情・生きている大切なわたし」

2年生:「一人ひとりの違いを認める。自分も大切、相手も大切」

3年生:「五感・感情の扱い」

4年生:「わたしのきもちはわたしのもの」

5年生:「自分も相手も大切にする自己表現を学ぶ」

6年生:「多様性尊重」

   2014/1/22  豊中市立西丘小学校6年生2クラス合同

西丘小学校では6年生は毎年オープンスクールの日に2クラス合同で「エンパワメント授業」を実施しています。

保護者の人も一緒に参加してくれた「4つのコーナー」では、子どももおとなも意見が飛び交いました。一人ひとりの考え方・感じ方の違いがわかり、違いを攻撃や排除につなげるのではなく、お互いを認め合い、自分の視野を広げていくことが大切ということを一緒に考えることができました。

また、中学校進学に向けて、人生に成功するカードを使って、これから自分が大切にしていきたいことを個々に考えました。

  2014/1/21  泉南市立西信達小学校6年生3クラス

テーマは感情の扱いです。

気持ち表す言葉をたくさんだし、どんな気持ちも自分の大切な気持ちであることを確認しました。また、自分の思い通りにならないときに、自分も相手も傷つけない(暴力を使わない)方法をともに考えました。

 2014/1/17  柏原市立柏原小学校1年生3クラス

テーマ:「聴く・自分も相手も大切にするコミュニケーション

1年生ではまず、やくそく「聴く 目・耳・ハートは聴く合図」をしっかりと伝えます。

人の話を聴く大切さをクラスの共通認識として共有し、自分も相手も大切にするコミュニケーションについて、ロールプレイを見ながら考えていきました。

 

 

    2014/1/16  富田林市伏山台小学校1年生2クラス(PLTプログラム)

1年生2クラスでPLTプログラム2回目を実施しました。

テーマは「変化を考えよう~成長と変化」です。

大小さまざまな靴下を見ながら、自分自身の成長と変化に気づき、木の年輪とリンクさせながら、1年ずつの自分の成長と変化を振り返りました。

自分ができるようになったこと、失敗や間違いもあったがやりなおせたことを思い出しながら、一生懸命に年輪に色塗りをしていました。

2014/1/15  河南町立中村小学校(PLTプログラム)

3学期のスタートです!

2年生・5年生のPLTプログラム2回目です。

<2年生>

 テーマ:「変化を考えよう~成長と変化」

木の年輪と自分の成長と変化をリンクさせながら、自分自身が現在の年齢になるまで、成長し変化していること、変化のスピードやできることは一人ひとり違うことを共に学び、生きている自分自身の大切さを再認識しました。

<5年生>

 テーマ:「木であること・成長のための役割」

校庭の木を見たり、さわったり、聴診器で音を聴いたり観察しながら、木の生存と成長の役割を、自分自身の成長と合わせて考えていきました。